不動産バブルが心配

本日のサラリーマンの株投資日誌。

ここ最近、不動産バブルを強く懸念しています。マイナス金利の下、活況に湧いている業界ですが、投機的な側面が強く、かつ今後米国金利が上昇していくとマイナス金利の見直しもなされると思いますし、タワーマンションの高層階への増税などで投機的な動きに転換期が近々来ると思っています。不動産購入資金を銀行から全額ローンで借り入れ、銀行から借金をして不動産投機に乗り出している中間層も多いと聞いていますので、どこかで躓くと銀行への打撃も小さくないのではと思っています。

私も不動産関連銘柄としてオープンハウス<3288>を保有していますが、売却時期はしっかり見極めて行いたいと考えています。

今年の目標

本日のサラリーマンの株投資日誌。

個人投資家向けの本やブログ等を見ていますと、まず最初に個人目標を設定し、それに向けて投資活動を進めていった方が良いというアドバイスを目にします。私はまだまだ未熟者ですし、先人に真似て今年は目標を掲げたいと思います。

昨年の投資実績では、利益確定ベースで年利回り約10%となりましたが、今年は20%の年利回りを目標にしたいと思います。

この数字を目標とする為には、ここぞの場面で思い切った投資判断も必要になろうかと思います。申年に続き、酉年も騒ぐと言われていますが、割安成長株を探し出し、ここぞの場面で思い切った判断が出来ればと思っています。



新年明けましておめでとうございます 

本日のサラリーマンの株投資日誌。

久々の投稿になりましたが、新年明けましておめでとうございます。

本業が忙しく、ブログの更新が疎かになってしまっていました。今年からは何とか毎日更新したいと思うものの、今月中旬から引っ越し、アモーレと同棲生活を開始することになりましたので、自分自身の時間の確保が難しくなるかもしれません。とはいえ、投資ともども頑張ります。

今年一発目の投稿はこれまでの成績を振り返りたいと思います。2014年7月から投資をはじめ、約2年半が経過しましたが、これまでの2014年、2015年、2016年の利益確定ベースの投資成績(税込)は下記通りとなります。

2014年   -44,172円(内、配当 8,750円)
2015年   275,205円(内、配当23,700円)
2016年   578,327円(内、配当68,100円)

至って普通の成績ですが、多少なり経験を積んできており、ここから大幅に資産増やしていけるように頑張っていこうと思います。

英国の英断を祈る

本日のサラリーマンの株投資日誌。

今はただ一つ、英国がEUから離脱しないように祈るだけです。EU離脱派の考えは、移民流入による英国国内の治安悪化を懸念している人が多いのではないかと思います。かつての英国の力を取り戻す、などという主張は論外かと。治安悪化の懸念は確かに自国を守るという意味では確かに頷けます。ただ、これは全世界で解決すべき問題であり、英国だけがこの問題から逃げるということになれば、英国の信頼度や発言権はどんどん落ち込んでいくのではないかと思います。

自国の威信や経済等を守る、また全世界の経済成長の足かせとならないよう、英国にはEUにとどまってもらいたいと切に願います。

ネット情報に左右されるな

本日のサラリーマンの株投資日誌。

今やネット上で色んな情報を収集することが出来ます。有力銘柄や今後の日経平均の推移に関する各専門家(批評家?)が書いた記事なんかもよく目にすることができますが、こういうものにいちいち左右されて投資判断を変えていくのはオススメしません。自分独自の投資判断をしっかり確立し、外部の雑念に左右されずに自分自身の投資判断・基準に照らし合わせながら投資するというのが最も好ましい姿だと思います。

最近は株価が値上がりしている中、今後の株価上昇を疑う記事が飛び交い始めてます。一方、株価が値下がりするときには楽観的な内容の記事を目にすることも出てきます。これは潮流に逆行した内容の記事を掲載することで特異性が出ますので、注目されやすいということで敢えて書かれているものもあろうかと思います。

なので、このような記事にいちいち左右されると投資判断を誤ってしまう可能性が高くなると思います。
プロフィール

mickey0072006

Author:mickey0072006
2014年7月から軍資金400万円にて株式投資をはじめました。
投資は勉強したもの勝ちだと思います。日々勉強しながら、少しずつ軍資金を増やしていければと思います。

ランキング参加中♪
月別アーカイブ
ランキング参加中♪
カテゴリ
オススメ本
ウォーレン・バフェットから学ぶべきポイントを端的に分かりやすく説明している本です。非常に読みやすく、これから投資を考える初心者にとって、良きバイブルとなる本だと思います
英語を勉強しよう!
オススメ経済週刊誌
PRESIDENT
マーケット情報
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
訪問者数