国際帝石<1605>に対する期待

本日のサラリーマンの株投資日誌。

今日は結果報告はせず、淡々と国際石油開発帝石<1605>に対する期待を書いていこうと思います。
同社の16年3月期の決算内容は売上高が前年比▲13.8%、経常が▲34.8%と決して良いものではなく、さらに17年3月期見通しは売上高は16年3月期比▲20.0%、経常は▲36.8%となっています。本来であれば、斯様なマイナス成長な銘柄は投資対象から外しますが、同社は循環株的な立ち位置で投資しています。

あのウォーレン・バフェットが石油関連銘柄に投資したと話題になりましたが、その理由は“今後も世界的に石油を必要とするのは間違いない”というもの。確かに、再生エネルギーやシェールガスなどが普及し始めていますが、世界需要をまかなえる程の供給量は無く、今後も石油に頼らざるを得ないと思います。そういう意味で、一時的に原油価格が暴落したタイミングで関連銘柄を購入しておくのは良策ではと考えた次第です。

尚、国際石油開発帝石の17年3月期見通しは、為替レート110円/ドル、原油価格45ドル/バレルを前提に算出されており、単純にこれよりも円安、原油高となれば、計画達成を見込めるのではと思います(勿論、需要量も加味しないといけないですが)。

また、16年3月期実績では、平均為替レート120円55銭/ドル、平均原油価格が47.95ドル/バレルとなっていたようですので、これを上回る好環境となれば、同年比増も期待できるかもしれません。
為替レートはFRBによる利上げ実施、日銀による追加緩和があれば、実現可能なレベルだと思いますし、原油価格は既に47.95ドル/バレルを上回る水準となっています。ということで、決算発表内容はあまり良くないですが、少し期待している銘柄です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mickey0072006

Author:mickey0072006
2014年7月から軍資金400万円にて株式投資をはじめました。
投資は勉強したもの勝ちだと思います。日々勉強しながら、少しずつ軍資金を増やしていければと思います。

ランキング参加中♪
月別アーカイブ
ランキング参加中♪
カテゴリ
オススメ本
ウォーレン・バフェットから学ぶべきポイントを端的に分かりやすく説明している本です。非常に読みやすく、これから投資を考える初心者にとって、良きバイブルとなる本だと思います
英語を勉強しよう!
オススメ経済週刊誌
PRESIDENT
マーケット情報
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
訪問者数